独立洗面台のある賃貸物件

独立洗面台のある賃貸物件 1LDK以下の広さの賃貸物件であっても、夫婦やカップルなどで借りて生活を営む場合には、ユニットバスに洗面台やトイレが付いているタイプではなくて、必ず独立型の洗面台や独立型のトイレが付いている部屋を選びましょう。
コンパクトな安い賃貸物件に1人で住む場合には、そういったことにそれほどこだわる必要は感じられないことでしょうが、2人以上で住む場合には部屋が狭いことは我慢ができても、どちらかがバスルームを使っているときに、トイレや洗面台が使えず、我慢をしなければならないのは、なかなかきついと感じるものなのです。
タイミング良く使えば良いと思うかもしれませんが、特にバスルームで風呂を沸かさず、シャワーのみの使用であればドアを開けば寒いと感じることが多いのです。
なお、独立型の洗面台が多少狭いものであっても、突っ張り棚やワイヤーネットを脇に固定するなどさまざまな方法で、小物を置いたり、ドライヤーをフックに掛けたりすることが可能です。

賃貸物件にウォシュレット設置の注意点

ウォシュレットは賃貸物件で取り付けすることができますが、大家さんによっては取り付けを許可してくれないことがありますので、賃貸物件の契約前に大家さんに取り付けの許可がもらえるかを確認することで、契約後に設置できない事態を防ぐことができます。
ウォシュレットは業者に依頼することで、取り付けてもらうことができますが、トイレの個室にコンセントがないと、使うことができないため、物件を契約前にトイレの個室にコンセントが取り付けられているのかも確認することで、大家さんにトイレの個室にコンセントを繋ぐための増設工事の許可を取る事態を避けることが可能です。
賃貸物件にウォシュレットを取り付けた後、元の便座や取付金具を捨ててしまうと、退去する時に原状回復をする必要があり、便座や取付金具を捨ててしまうことで、原状回復ができずに取り付けたウォシュレットを処分する費用も支払うことになるので、取り外した便座や取付金具は退去時まで保管することで、原状回復による出費を避けることができます。

新着情報

◎2022/7/5

情報を追加しました。


>賃貸フリーレントを利用する上で注意すべきポイント
>賃貸物件を契約する際に調べておきたい現地の土地勘
>賃貸でリノベーション済み物件を選ぶ際のメリット
>高級な賃貸物件を選んで契約する場合のメリット
>敷金礼金なしの賃貸物件なら初期費用がお得

◎2017/9/6

賃貸アパートでDIY術
の情報を更新しました。

◎2017/3/28

同棲する際に気をつけること
の情報を更新しました。

「賃貸 洗面台」
に関連するツイート
Twitter

【プラチナコート中目黒502】 礼金なし 中目黒3分の立地 2007年築 バストイレ別 カウンターキッチン 独立洗面台 賃料/管理費195,000円/12,000円 間取り/専有面積1LDK/38.37㎡

【プラチナコート中目黒102】 礼金なし 中目黒3分の立地 2007年築 バストイレ別 カウンターキッチン 独立洗面台 賃料/管理費166,000円/12,000円 間取り/専有面積1LDK/33.6㎡

返信先:賃貸だから風呂で代用するか〜!ナナイちゃんも段ボールじゃなくてちゃんと洗面台改装しな!!

丁寧な暮らし系アカウントで賃貸のトイレとか洗面所DIYしまくり流行ってんだけど、外した洗面台保管とか現状復帰の煩わしさ考えたら、そのままをいかにシンプルに素敵に見せるかの方が需要あんじゃないのかなとか思ったり、あれ何なんすかね。

たぶんカラーボックスの板みたいな作りなんだろうなぁと思ってる賃貸住宅に元から備え付けられてた棚板が歪んできているので 洗面台付近を色々いじる妄想が捗る。