独立洗面台のある賃貸物件

独立洗面台のある賃貸物件 1LDK以下の広さの賃貸物件であっても、夫婦やカップルなどで借りて生活を営む場合には、ユニットバスに洗面台やトイレが付いているタイプではなくて、必ず独立型の洗面台や独立型のトイレが付いている部屋を選びましょう。
コンパクトな安い賃貸物件に1人で住む場合には、そういったことにそれほどこだわる必要は感じられないことでしょうが、2人以上で住む場合には部屋が狭いことは我慢ができても、どちらかがバスルームを使っているときに、トイレや洗面台が使えず、我慢をしなければならないのは、なかなかきついと感じるものなのです。
タイミング良く使えば良いと思うかもしれませんが、特にバスルームで風呂を沸かさず、シャワーのみの使用であればドアを開けば寒いと感じることが多いのです。
なお、独立型の洗面台が多少狭いものであっても、突っ張り棚やワイヤーネットを脇に固定するなどさまざまな方法で、小物を置いたり、ドライヤーをフックに掛けたりすることが可能です。

賃貸物件にウォシュレット設置の注意点

ウォシュレットは賃貸物件で取り付けすることができますが、大家さんによっては取り付けを許可してくれないことがありますので、賃貸物件の契約前に大家さんに取り付けの許可がもらえるかを確認することで、契約後に設置できない事態を防ぐことができます。
ウォシュレットは業者に依頼することで、取り付けてもらうことができますが、トイレの個室にコンセントがないと、使うことができないため、物件を契約前にトイレの個室にコンセントが取り付けられているのかも確認することで、大家さんにトイレの個室にコンセントを繋ぐための増設工事の許可を取る事態を避けることが可能です。
賃貸物件にウォシュレットを取り付けた後、元の便座や取付金具を捨ててしまうと、退去する時に原状回復をする必要があり、便座や取付金具を捨ててしまうことで、原状回復ができずに取り付けたウォシュレットを処分する費用も支払うことになるので、取り外した便座や取付金具は退去時まで保管することで、原状回復による出費を避けることができます。

新着情報

◎2022/7/5

情報を追加しました。


>賃貸フリーレントを利用する上で注意すべきポイント
>賃貸物件を契約する際に調べておきたい現地の土地勘
>賃貸でリノベーション済み物件を選ぶ際のメリット
>高級な賃貸物件を選んで契約する場合のメリット
>敷金礼金なしの賃貸物件なら初期費用がお得

◎2017/9/6

賃貸アパートでDIY術
の情報を更新しました。

◎2017/3/28

同棲する際に気をつけること
の情報を更新しました。

「賃貸 洗面台」
に関連するツイート
Twitter

今住んでる賃貸洗面台が壊れたのに、大家が私の過失だと言い張って直してくれないよ~~!😭ちょっと前にエアコンも壊れたし…電気カバーやらフックやら細々したものも壊れてる😭ちゃんとメンテナンスしとらんやろ🤬👊

美容に全く関係ないんですけど… この間初めての賃貸から退去して、1LK+キッチン+洗面台の壁紙全面張替えやらなんやらで48万程請求には驚いた🫥🫥 泣く泣く払ったけどこれが普通なの?怖過ぎた

賃貸】太田市山之神町『アメリカンヴィレッジ』広々4LDKの輸入住宅でアメリカンな雰囲気が楽しめます♪洗面台は忙しい朝にうれしい2台つき!キッチンも広いのでお子様と一緒に広々使えますよ!事業用としても相談可能となってます 

賃貸マンション情報見てたワイ「駅近で洗面台と風呂とトイレ別々!?ええやんええやん」 キッチンのシンクが正方形サイズだったと知ったワイ「2度と話しかけんなカス」

今、札幌市内の家賃が全体的に上がっている(夫談)そうで、 このマンションも家賃が2倍に…据え置き価格の私達は意地でも 引っ越しはしません!というわけで、賃貸ですが リノベーション計画…剥がれた壁紙・お風呂の鏡・外れた洗面台の下部の扉を直してもらうのを計画中です🤭 快適に住みたいです。