賃貸のタワーマンションの気にすべきこと

賃貸のタワーマンションの気にすべきこと 憧れのタワーマンションに住まう方法は、分譲されている部屋を購入することが最も一般的ですが、一部は賃貸として貸し出されているケースもあります。
タワーマンションは基本的にグレードの高い内外装と、防犯体制の充実、都心部にあるための利便性の良さが魅力であり、メリットが多く感じられますが、デメリットも色々ありますので熟考して入居するかどうかの判断をしましょう。
大きなデメリットの一つ目は、高層階に居住することによる弊害です。
20階や30階ともなれば抜群の眺望を得ることができる一方で、地上までの移動に長い時間がかかること、火災や地震などの災害時に不安がつきまとうことが挙げられます。
エレベーターの運行停止は特に大きな問題となるでしょう。
また賃貸の場合は一般的なマンションと比較すると家賃が高めに設定されているケースも見られます。
ステータス性や防犯性を考えれば妥当もいえますが、同程度の広さの部屋と比べると割高感が否定できません。
これら色々なデメリットが考えられますが、タワーマンションという一つのランドマークに居住することは、入居者の誇りでもあります。
入居後のライフスタイルをシミュレーションして、適切に判断しましょう。

タワーマンションに住む際に考えるべきこと

眺めが良く、間取りも良いため人気のタワーマンションですが、賃貸することによって気軽に住むことができます。
しかし、メリットだけではなくデメリットのことも考えてから賃貸することが大切です。
具体的なデメリットとしては、出勤や登校時には必ずエレベーターを乗らなければならず、時間によっては混雑してしまいます。
日当たりは良いですが、良すぎるために夏は暑く、壁紙や家具が日焼けしてしまうこともあります。
洗濯物も風が強いため外には干せず、地震の時には崩れる心配はあまりありませんが横揺れが激しいため不安になってしまうことも考えらえます。
また、気圧によっては窓が開けられない、外周窓になっている物件が多いことから家具の配置に困ってしまうということもあるとされています。
タワーマンションでの暮らしは一見は華やか見えますが、高層階ならではの悩みは多くあるということをきちんと考える必要があります。
賃貸とはいえ長く住む場所ですので、きちんとメリットとデメリットを考えてから選ぶことが大切です。

新着情報

◎2022/7/5

情報を追加しました。


>賃貸フリーレントを利用する上で注意すべきポイント
>賃貸物件を契約する際に調べておきたい現地の土地勘
>賃貸でリノベーション済み物件を選ぶ際のメリット
>高級な賃貸物件を選んで契約する場合のメリット
>敷金礼金なしの賃貸物件なら初期費用がお得

◎2017/9/6

賃貸アパートでDIY術
の情報を更新しました。

◎2017/3/28

同棲する際に気をつけること
の情報を更新しました。

「賃貸 マンション」
に関連するツイート
Twitter

🧑‍⚕️「他に飲んでるお薬はありますか?」 🧝‍♀️「すみません、   電子お薬手帳なんですが、   本日スマホを忘れてて…   確か…    『短期賃貸マンション』           みたいな…」 🧑‍⚕️「マイスリーですね」

ちいかわ垢なのにすみません💦 もし、賃貸マンションでの防音対策に詳しい方がいらっしゃいましたらDMでも何でも構わないのでご連絡ください。 また、お子さんがいらっしゃる方で、実践されてる防音対策等がありましたら、是非教えて頂きたいです😭 よろしくお願いいたします。

Amazon 【マグネットタイプ】 【75×35mm】表札 マグネット アクリル 磁石 取付 ミニ【着脱可能】 賃貸 戸建 マンション プレート 玄関 門柱 宅配ボックス ポスト コンパクト おしゃれ シンプル 会社 屋外 新築

【池尻大橋駅8分】ホテルのような空間✨ペットと暮らせる高級分譲賃貸マンション🏠 より

積水化学(株)とリノベる(株)の両社が協業してZEH⽔準リノベーションを実施する買取再販区分マンションのほか、⼀棟分譲・賃貸、個⼈向けリノベーション等で省エネ性能ラベルの表示スタート。ユーザー視認までの課題感が残るこの「ラベル」の適正活用で先陣を切った。