賃貸の種類について

賃貸の種類 賃貸暮らしの長い人にとっては当たり前のことであっても、初めて人には分からないことがたくさんあります。どのような点に気をつけて選べば良いのかみていきましょう。
賃貸物件は集合住宅がほとんどですが、アパート、マンション、コーポなど呼び方がいろいろあります。厳密に法律で決まっているわけではありませんが、一般的には二階建てまでの木造をアパート、三階建て以上の鉄筋コンクリート造をマンションと呼んでいます。
但し、三階建て以上でも軽量鉄骨造など、必ずしもコンクリート造ではない建物もあります。コンクリート造ではなくてもマンションと名付けている物件もありますが、三階建て、四階建てくらいの軽量鉄骨造のことをコーポ、ハイツなどと名付けていることが多いです。
一般的に木造、鉄骨造、コンクリート造の順に音は伝わりやすくなります。コンクリート造だからといって、上下左右の音がまったく聞こえない、ということはありませんが、木造よりは静かでしょう。但し、マンションのほうが家賃は高めになります。
賃貸の一戸建ては少ないですが、皆無というわけではありません。住み替えによって家を売却せず、貸し出すケースが多いので、貸主は個人であることが多いです。
最近はシェアハウスなども人気です。

賃貸契約の際に交渉の余地がある契約更新料

新しい地域で生活を始めるというときには賃貸物件を探すということから始まるのが一般的です。
その際には家賃や間取り、立地条件といった項目が重視されるのが一般的ですが、実際に住む期間がどのくらいになるのかということを考えて、その期間によって影響される項目についても考慮することが大切です。
契約期間は一般的には2年間であり、その程度の長さは住むというのであれば違約金が発生しないことからそれ自体に問題はないでしょう。
しかし、その契約更新料がかかることも多く、それがどの程度の額になるのかを把握しておくことが大切です。場合によっては賃貸契約を結ぶ際に交渉の対象にもできるのが契約更新料です。
長く住んでくれるというのはオーナーにとって喜ばしいことであり、再度入居者を募集する手間もなく、家賃も継続的に得られます。
そのため、契約更新料をかけずに住み続けられるようにして欲しいという交渉は成立することが多く、それによって長く住む場合には出費を減らすことが可能です。
たとえ小さな額であってもならして考えてしまうと家賃が高くなるのと同様ともいうことができるため、家賃を下げるという気持ちで交渉に取り組むと実質的に安く住めるようになるでしょう。

賃貸フリーレントを利用する上で注意すべきポイント

賃貸を利用する際に案内としてフリーレントと表記されている物件を見かけるようになりましたが、これは一定期間の家賃が無料で生活できるというサービスの1つです。初めて生活する場合は初期費用などが必要になりますが、家賃が無料になることでぐっと初期費用を抑えて生活する事が出来ます。
賃貸でのフリーレント内容は一般的に1ヵ月の家賃無料などが多く、よりお得に生活をスタートする事が可能です。確かにお得に利用出来ますが、注意点もあるので把握しておく必要があります。実際に一定期間の家賃無料サービスを利用した契約をした場合、早期解約を行う場合は違約金が発生するという点です。 無料期間が過ぎて直ぐに退去するとなると、貸す側にとっては大きな損失に繋がります。無料期間があるからこそ、契約すべき一定期間が決められている事が多いです。途中解約する際はその分の費用の支払いが必要になるケースがあるので、その点をしっかり把握した上で契約する事がポイントとなります。

賃貸物件を契約する際に調べておきたい現地の土地勘

賃貸物件を新たに契約する際に、駅からどれくらいの時間がかかるのか、近くにスーパーやコンビニ、コインランドリーや銭湯等の施設があるのかを調べる人は多いです。また、そういった情報は賃貸物件の詳細にも書かれている場合が多く、これらの情報と間取りや賃貸料で物件を選ぶ人もいます。
遠く離れた場所では土地勘も全く分からない場合がある為、実際に住んでみたら電車や大型車の通行量が思ったよりも多く騒音に悩んでしまったり、近くに繁華街がある為深夜まで明るく人も多い為寝苦しかったりする事があります。そのような問題を避ける為、まずはインターネットで地図を見て、周りにどのような施設があるかチェックします。窓や玄関のある方角も大切ですが、これは実際に内見してみる事で新たなメリットやデメリットを確認する事が出来ます。どうしても移動に時間がかかってしまい、交通費もかかるし余裕が無い場合は、写真だけでなく近くに住む人の口コミを調べる事も大切です。

賃貸でリノベーション済み物件を選ぶ際のメリット

アパートやマンションなどを賃貸で利用する際に、リノベーション済みとされている物件を選べる場合が多くあります。
実際にリノベーションが済んでいる賃貸を利用することで、得られるメリットを把握しておく事も重要です。リノベーションが終わっている物件の場合は、室内自体がとても綺麗で新築同様な状態という点があります。
清潔感もあり新しい生活をスタートさせる上で、気持ちよく生活する事が可能です。家賃などもリーズナブルな設定になって事も多く、支払いに関する負担も抑える事ができます。既に内装なども出来あがっている状態なので、オシャレな空間が作られているのも魅力です。
新たな機能が設置されているケースも多く、より便利に生活で活用する事もできます。綺麗な内装などより多くの魅力があるからこそ、物件を選ぶ選択肢が増えるというのもポイントの1つです。リノベーションをすでに行っている物件の場合はよい面も多いので、メリットを把握したうえで利用する事がポイントとなります。

高級な賃貸物件を選んで契約する場合のメリット

賃貸アパートやマンションなどは家賃で決める人は少なくないでしょう。できるだけ出費を抑えたい場合は相場を下回る金額で探すと満足できる住まいを見つけられる可能性はあります。ただ、安さだけで選んでしまうと後悔するリスクが大きくなることを理解すべきです。そのため、高級な賃貸物件も含めてたくさんの選択肢から選ぶのがベストでしょう。
仮に高級な賃貸物件は家賃は高くなるものの、色々なメリットがあります。たとえば、セキュリティがしっかりしているケースが多いです。オートロックだったり、高層階だったりなどセキュリティが充実している物件を選んでおけば、安心して過ごせるようになります。また、管理人が受付に居るようなマンションならタクシーを呼んでもらえたり、クリーニングの取次をしてもらったりなども任せられます。さらに、高層階に住むなら低層階よりも泥棒の被害に遭う危険性を大幅に下げられます。このように、家賃が高めの賃貸を選ぶのは防犯面でのメリットが大きいです。

敷金礼金なしの賃貸物件なら初期費用がお得

賃貸住宅に入居する場合、敷金・礼金・仲介手数料に引っ越し代と多くの初期費用が必要になります。一般的には、家賃の6か月分にも相当する金額が必要になると言われています。しかし工夫次第では、この初期費用を節約することもできます。それは、敷金及び礼金が不要な物件を探し出すことです。
物件広告に「敷金礼金なし」などと謳われているこうした物件は、通常であれば入居時に対して家主に支払うべき敷金と礼金が一切必要ないというものです。両方とも負担額が0円であることから、「ゼロゼロ物件」などと呼ばれることもあります。初期費用の負担を軽減することで入居者を集め、物件の稼働率を高めたいという家主の意向を反映してこのようなシステムが採用されています。
入居者にとっては経済的なメリットのあるこの物件ですが、注意点もあります。それは、賃貸住宅を退去する際に必要となる原状回復の扱いです。通常であれば、入居者が負担すべき原状回復費用は敷金から差し引かれますが、こうした物件では別途負担することとなるので、あらかじめある程度の現金を用意しておく必要があります。

賃貸のオススメサイト

岡本駅周辺をはじめ、東灘区や芦屋市までの賃貸物件情報を豊富に取り揃えています

岡本 賃貸

新着情報

◎2022/7/5

情報を追加しました。


>賃貸フリーレントを利用する上で注意すべきポイント
>賃貸物件を契約する際に調べておきたい現地の土地勘
>賃貸でリノベーション済み物件を選ぶ際のメリット
>高級な賃貸物件を選んで契約する場合のメリット
>敷金礼金なしの賃貸物件なら初期費用がお得

◎2017/9/6

賃貸アパートでDIY術
の情報を更新しました。

◎2017/3/28

同棲する際に気をつけること
の情報を更新しました。

「賃貸 更新料」
に関連するツイート
Twitter

しかも来月は賃貸更新月で更新料も払わなくちゃで本当に大変💦 弱り目に祟り目、泣きっ面に蜂、踏んだり蹴ったり、一難去ってまた一難 諺にもあるけれど、どうして不運って重なるのかな。 5月に入ってから体調不良で1回休んで2回早退して。おまけに彼氏と喧嘩しちゃうし。私ってダメ人間だ。最悪。

自分は(自動車税じゃなくて)賃貸更新料をファミペイで払おうとしたのですが、5万円を超えるとオンラインのファミペイでは払えないみたいね。電子マネーも多少癖があるみたいよー。

返信先:関西は賃貸更新料ありませんけど京都はあるかな

賃貸入居だし更新するには更新料やらあれやこれや費用がかかるのは頭では分かってるけど、いざ書面で数字見るとなんとも言えない気持ちになるよね。    (更新します、宜しくお願い致します)

返信先:賃貸更新料も駐車場の更新料も自動車税も貯めてなかったんで死にそうな顔してる話してます?